2019年JGC修行におすすめの国際線まとめ

2019年にJGC修行を考えている方向けに、2018年のセール動向をもとに、国際線のおすすめ路線を紹介します。JGC修行での国際線を考えると下記の4つの方法でしょう。

  • JALの東南アジア・オセアニアへのビジネスクラスセールを狙う
  • JALの東南アジアへのJALプレミアムエコノミー(通常運賃でも可)
  • JALの海外発券
  • マレーシア航空のビジネスクラスセール

私は2018年に50,000FOPをためてJALグローバル会員になることができました。国際線はJALのビジネスクラスセールで、クアラルンプール線を2回搭乗して32,000FOPを獲得しています。

JAL国内線は安いですが獲得できるFOPも少なく何度も搭乗しなければならないので、時間がかかります。国際線の利用は一気に条件達成に近づきます。

JALでは、数多く搭乗することによってJALグローバルクラブ(JGC)という上級会員になることができます。JGC会員になるとサクララウンジの...
レクタングル(大)

国際線を利用してのFLY ONポイント獲得について

JAL FLY ONポイント計算

FOPの計算は、国内線でも国際線でも上記になります。

「フライトマイル」は、搭乗する運賃クラス(ビジネスとかエコノミーとか)に対応した下記の積算率により算出されます。ビジネスクラスは積算率125%、プレミアムエコノミーでは100%が適用されるようにしっかり予約クラスを確認してください。

私が2018年に搭乗したクアラルンプール線はクラスXだったので125%の積算率になりました。

JAL国際線利用運賃一覧表

「FLY ON ポイント換算率」は、日本発着の中国・香港・アジア・オセアニア線だけが1.5倍になります。欧米路線は1倍なので、アジア・オセアニア路線の方が換算率が高くなります。

「ボーナスポイント」は、下記の対象運賃種別の場合に400FOPが加算されます。格安航空券やパックツアー以外は大抵対象になるかと思いますが、予約の時に対象クラスをしっかりと確認してください。

JAL国際線 搭乗ボーナス FLY ON ポイント

上記の計算は、JAL(国内線・国際線) – FOP計算「マイル数を調べよう」で簡単に調べることができます。

ちなみに東京~クアラルンプール間でビジネスクラスXで搭乗した場合は、

フライトマイル FOP換算率 ボーナス 合計
4,173(3,338 × 125%) ×1.5 +400 6,659

往復で13,319FOPです。

JAL国際線への国内線乗り継ぎ

国際線は羽田・成田などから海外へと出発します。地方在住の場合は地元の空港から乗り継ぎすることになると思います。

例えば、札幌~羽田~クアラルンプールというような工程で予約をすると、札幌~羽田間は「国際線航空券に含まれる日本国内区間」として積算率100%が適用されます。通常の国内線の運賃ですと、先得や特便運賃は75%ですから、より多くのFOPがもらえます。

また、国際線をビジネスクラスで予約した場合には、国内線乗継便はクラスJになり、さらに10%が加算され110%積算になります。プレミアムエコノミーの場合は、普通席です。

実際に札幌~羽田~クアラルンプールをビジネスクラスで搭乗した場合は、先に計算した東京~クアラルンプールの6,659FOPに下記の国内線クラスJ分が加算され、6,659 + 1,522 = 8,181FOP獲得できます。往復16,362FOP。

フライトマイル FOP換算率 ボーナス 合計
561(510 × 110%) × 2 +400 1,522

この「国際線航空券に含まれる日本国内区間」100%換算率を最大限に発揮させるためには、国内で最も距離がかせげる那覇や石垣出発にすると、さらに多くのFOPを獲得できます。

当然、あらかじめ沖縄に行かなくてはならないので、別途その分の運賃が必要です。

マレーシア航空のビジネスクラス搭乗のFOP

マレーシア航空含めワンワールドの航空会社に搭乗することでFOPをためることができます。JAL国際線との違いは「FLY ON ポイント換算率 1.5倍」と「ボーナスポイント 400FOP」は適用されません。

ビジネスクラスだと、フライトマイル × 125% のみになります。運賃クラスによっては積算率が変わってきます。JALの「フライトでためる」で搭乗する航空会社のフライトマイル積算率を確認してください。

例えば、マレーシア航空で東京~クアラルンプールのビジネスクラスだと

フライトマイル 4,173(3,338 × 125%)マイルのみとなります。往復で8,346FOP。

ワンワールド加盟航空会社でセールを頻繁に行っているのは、マレーシア航空の他にカタール航空、キャセイパシフィック航空、フィンエアー、カンタス航空などがありますが、2018年を見るとおすすめできるようなセール運賃はありませんでした。

路線選択はFOP単価に注意

獲得できるFOPが運賃に対してお得かどうかを見極めるには、FOP単価という指標がよく使われます。計算方法は[運賃÷FOP]で、目安として10点以下だと良いでしょう。できるだけ費用を抑えて50,000FOPを達成したい場合は、このFOP単価をいかに低くできるかということになります。

JALの東南アジア・オセアニアへのビジネスクラスセールを狙う

2018年にJALのビジネスクラス往復のセール運賃でお得感のあったのは、バンコクとクアラルンプールだけでした。

2019年もクアラルンプール行きは比較的安いようです。ただ、バンコク行きは高くなってます。

↓東京~クアラルンプール往復ビジネスクラス – 13,318FOP

販売期間 運賃 諸税 合計 FOP単価
~2017/12/31 90,000 11,370 101,370 7.61
~2018/6/30 115,000 14,390 129,390 9.72
~2018/9/30 165,000 18,210 183,210 13.76
~2019/2/28 140,000 19,180 159,180 11.95
~2019/3/15 113,000 23,230 136,230 10.23
~2019/5/3 113,000 12,240 125,240 9.40
~2019/6/14 113,000 12,160 125,160 9.40

↓沖縄~東京~クアラルンプール往復ビジネスクラス – 15,686FOP

販売期間 運賃 諸税 合計 FOP単価
~2017/12/31 100,000 11,950 111,950 6.07
~2018/6/30 125,000 14,970 139,970 7.59
~2018/9/30 175,000 18,790 193,790 10.51
~2019/2/28 150,000 19,760 169,760 9.20
~2019/3/15 123,000 24,050 147,050 7.97
~2019/5/3 123,000 13,060 136,060 7.38
~2019/6/14 123,000 12,980 135,980 7.37

↓東京~バンコク往復ビジネスクラス – 11,558FOP

販売期間 運賃 諸税 合計 FOP単価
~2018/2/14 135,000 15,030 150,030 12.98
~2018/6/30 156,000 14,970 170,970 14.79
~2018/7/31 156,000 14,890 170,890 14.79
~2018/8/31 156,000 18,920 174,920 15.13
~2019/6/14 199,000 13,020 212,020 18.34

↓沖縄~東京~バンコク往復ビジネスクラス – 16,686FOP

販売期間 運賃 諸税 合計 FOP単価
~2018/2/14 145,000 15,700 160,700 9.63
~2018/6/30 166,000 15,590 181,590 10.89
~2018/7/31 166,000 15,510 181,510 10.88
~2018/8/31 166,000 19,350 185,350 11.11
~2018/6/14 209,000 13,880 222,880 13.86

↓2019年の国際線セール情報をまとめています。

当ブログではJGC修行向けに役立つ国際線のセール情報を積極的に記事にしています。 2019年国際線のJGC修行向けのセール記事の目次で...

JALの東南アジアへのJALプレミアムエコノミー(セールでも普通運賃でも)

東南アジアの中では、クアラルンプール、シンガポールがおすすめです。東京発はちょっと効率悪いですが、沖縄発にすればセール運賃ではなくても十分稼ぐことができます。

プレミアムエコノミーは予約クラスはEで積算率100%です。

以下、2019年6月3週目あたりで検索

↓東京発プレミアムエコノミー往復

販売期間 FOP 運賃 税金燃油 合計 FOP単価
バンコク 9,408 112,000 12,980 124,980 13.28
クアラルンプール 10,814 115,000 12,170 127,170 11.76
シンガポール 10,736 107,000 14,170 121,170 11.29
ジャカルタ 11,636 133,000 13,970 146,970 12.63

↓沖縄発プレミアムエコノミー往復

販売期間 FOP 運賃 税金燃油 合計 FOP単価
バンコク 14,144 122,000 13,800 135,800 9.60
クアラルンプール 15,550 125,000 13,080 138,080 8.88
シンガポール 15,470 117,000 14,990 131,990 8.53
ジャカルタ 16,372 143,000 14,790 157,790 9.63

沖縄-東京間は普通席往復:4,736FOP

JALの海外発券

これは海外から日本への往復便になります。下記は東京行きですが日本発より安くなります。なぜ日本発だと高いんでしょうね~

以下、2019年3月で検索

↓海外発東京行き往復

出発地 クラス FOP 運賃 FOP単価
バンコク プレエコ 9,408 131,705 14.00
ビジネス 11,558 196,091 16.97
クアラルンプール プレエコ 10,814 85,949 7.95
ビジネス 13,318 126,826 9.52
シンガポール プレエコ 10,736 113,586 10.58
ビジネス 13,220 214,972 16.26
ジャカルタ プレエコ 11,636 142,726 12.27
ビジネス 14,346 254,040 17.71

この海外発券と那覇発のJAL国際線を2パターン購入して、一気にFOPを稼ぐやり方があります。チケットの有効期間は大抵14日なので、その間に全工程を終わらせる必要があります。体力のある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

  • 日本発券の那覇→東京
  • 日本発券の東京→クアラルンプール
  • 海外発券のクアラルンプール→東京
  • 海外発券の東京→クアラルンプール
  • 日本発券のクアラルンプール→東京
  • 日本発券の東京→沖縄

マレーシア航空のビジネスクラスセール

マレーシア航空は、成田~クアラルンプールへの直行便があります。またクアラルンプールを経由してアジア、オセアニア、ロンドンへの路線があります。

最新のセール運賃は下記のページにあります。2018年に比べて値上がりしてます。オセアニアに行くのが効率良さそうです。

ただ、マレーシア航空は遅延が多いので日程に余裕を持って利用した方が良さそうです。

マレーシア航空でビジネスクラス往復セールが始まっています。運賃は、いつもより少し高めです。いつも通りオークランドがFOP単価10点台なので、...

まとめ

以上、国際線を利用してのJGC修行のおすすめ路線を紹介しました。私はJALビジネスクラスのセール運賃を利用しましたが、JALプレエコでクアラルンプール、シンガポールに行くのもありですね。

最近は燃油サーチャージも高くなってきて、さらに円安で国際線の運賃が高くなってきてます。少しでも安く効率いい運賃を選びたいですね。

当ブログではJGC修行向けに役立つ国際線のセール情報を積極的に記事にしています。 2019年国際線のJGC修行向けのセール記事の目次で...
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする