JMBサファイア達成(JGC加入)後の翌年は修行すべきか検討してみる

年初からJALグローバルクラブ(JGC)入会を目指して修行してきて、7月に無事にJMBサファイアとなりJGC入会の資格を得ました。

とりあえずは修行を一段落して、これからどうするか? どうせなら年末までにJGCプレミアを目指すか、それとも今後は修行をしないでステータス無しのJGC会員のみ(いわゆるJGC平会員)でいるかを検討してみました。

できれば今年中にJGCプレミアになって、サファイアでは得られないサービスを体験してみたいです。JGCプレミアのサービスにさほどメリットが感じられなければ、JGC平会員のままでいようと思います。

レクタングル(大)

ステータス別サービス一覧

各ステータス別のサービス内容について整理します。JGC会員加入後には5つの種別が存在します。前年の1月~12月までに30,000FOP・30回搭乗以下の場合は右端のJGC平会員となります。

JGC会員種別 ダイヤモンド プレミア サファイア クリスタル JGC会員
必要FOP 100,000 80,000 50,000 30,000
予約に関するサービス
専用予約デスク
予約時の優先キャンセル待ち
国内線前方座席指定
国際線前方座席指定
国内線先行予約
国内線特典航空券先行予約
搭乗時のサービス
専用カウンターでのチェックイン
空港での優先空席待ち
受託手荷物無料許容量の優待 国内線:20kg
国際線:1個
ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場
JALグローバルクラブ エントランス
ファストセキュリティレーン
JALファーストクラスラウンジの利用
ダイヤモンド・プレミアラウンジの利用
カードのご提示によるラウンジの利用
国際線の優先搭乗
国内線の優先搭乗
プライオリティバッゲージサービス
ボーナスマイル(マイルアップボーナス)
日本航空
アメリカン航空
130% 105% 105% 55% 35%
ブリティッシュ・エアウェイズ 100% 100% 100% 50% 35%
イベリア航空 100% 100% 50% 50% 35%
ワンワールド エリートステイタスのサービス
JGC会員種別 ダイヤモンド プレミア サファイア クリスタル JGC会員
ワンワールドエリートステイタス エメラルド エメラルド サファイア サファイア サファイア
ファーストクラスチェックインカウンター
ビジネスクラスチェックインカウンター
ファーストクラスラウンジご利用
ビジネスクラスラウンジご利用
予約時の優先キャンセル待ち
空港での優先空席待ち
空港での優先搭乗
ファストセキュリティレーン
プライオリティバッゲージサービス

見てわかるようにサファイア、クリスタル、JGC平会員については、ほとんどサービス内容に違いはありません。違いがあるのは、

  • 搭乗時のボーナスマイルの積算率の違い
  • 空港での優先空席待ちの優先権

の2点くらいです。これらの違いを許容できるのであればJGC平会員でもよさそうです。

サファイアとJGC平会員の違い

搭乗時のボーナスマイルの積算率の違い

各ステータスで獲得できるマイルはどれくらいの差があるでしょうか。今年JGC修行した中の東京ークアラルンプールのビジネスクラス往復での比較表です。

積算率 獲得マイル 獲得FOP
ダイアモンド 130% 19,196 13,318
プレミア 105% 17,110 13,318
サファイア 105% 17,110 13,318
クリスタル 55% 12,936 13,318
JGC平会員 35% 11,268 13,318
JALカードClub-A 25% 10,432 13,318

プレミア・サファイアとJGC平会員の差は5,842マイル。大きいのか小さいのか判断つきませんね。

今度は年間での獲得マイルで比較してみます。今年はJALに18回搭乗して32,590マイル獲得しました。これを全てプレミア・サファイアで搭乗したとすると52,332マイル獲得。JGC平会員だと35,058マイル獲得。その差は17,274マイルとなります。

特典航空券だと17,000マイルは韓国・中国往復程度ですね。バンコクやクアラルンプール往復はとれません。

それほど大きな差でもないような気がしてきました。

空港での優先空席待ちの優先権

主に国内線ですが、搭乗当日空港でファーストクラスやクラスJへのアップグレードの際に下記の優先順位で空席待ちとなります。これもJGCプレミア以上でなければ種別Aになり違いはありません。

種別S:ダイアモンド、プレミア、ワンワールドのエメラルド
種別A:サファイア、クリスタル、JGC会員、ワンワールドのサファイアとルビー
種別B:一般の方

結論:プレミアを目指さないのであればJGC平会員で十分

サファイアとJGC平会員ではそれほど大きな違いはないので、JGCプレミアを目指さないのであればJGC平会員で十分そうですね。毎年のサファイアを目指す修行はもったいないと思います。

ただ一度JGCプレミアのサービスを体験してみたいという気持ちはあります。サファイアになるのに40万円かかりましたので、JGCプレミアでは60万円以上の費用が必要でしょうか。さすがにダイアモンドまでは考えていません。

JGCプレミアで追加になるサービス

JGCプレミアになるとどんなサービスがあるのかチェックしてみます。この他にもワンワールドエメラルドのサービスがあります。

あれば便利かもな~とは思いますが、ラウンジは実際に体験してみなければわかりませんね。

国内線先行予約 と 国内線特典航空券先行予約

通常は2ヶ月前から予約できますが、さらに2週間前から予約できます。特典航空券をとる場合にはこれは大きいですね。2018年12月から「JAL国際線特典航空券PLUS」が導入されるため、混み具合によっては必要マイル数が多くなります。とくに注意書きは無いので先行予約はできそうですね。

ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場

羽田、伊丹、新千歳、福岡、那覇にラウンジ直結のダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場を利用できます。入ったことはありませんが、ラウンジ直結の保安検査場です。

「JALファーストクラスラウンジ」、「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」の利用

国際線は、ファーストクラスラウンジ(羽田、成田)とワンワールドの世界各地のプレミアファーストクラスラウンジを利用できます。

国内線は、ダイヤモンド・プレミアラウンジ(羽田、新千歳、伊丹、福岡、那覇)を利用できます。

国内線のサクララウンジは、おかき程度しか食べるものがないですが、ダイヤモンド・プレミアラウンジはパンやおにぎりなどがあるそうです。国内線搭乗前に軽く食べられるのはありがたいですね。

今年のプレミア狙い、来年以降の修行はどうするか?

JGCプレミアのサービスを一度は体験してみたいので、サファイアまで修行した今年はチャンスかもしれません。機会があればあと20,000FOP獲得を目指そうかと思っています。できれば仕事も兼ねてのバンコク行きでセールがあればありがたいですね。

一度ステータス(プレミアやサファイアなど)を得ると有効期限は、翌々年の3月末となります。私の場合は2018年7月にサファイアになったので、2020年3月まではサファイアのサービスの提供期間です。

もしプレミアになって今後もプレミアのサービスを受け続けたいと思った場合には、1年おきに修行をするのもありかなと思います。修行年に一時的にJGC平会員になる期間が出てくると思いますが、それくらいならいいでしょう。

修行という名目であちこち旅行に行けるなら楽しそうです。作業的に修行するのも大変なので、私にはこれでよさそうです。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする